駄目OLの日常徒然。あいらぶ音楽とだけ言い張る。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< RIGID CLOCKS TOUR〜その1〜 | main | 渚にて >>
RIGID CLOCKS TOUR〜その2〜
100130_205120.jpg
ちょうど物販が始まる時間にAXへ戻り、少し並んでグッズをゲット。

1時間以上時間があったので、マッスルシアターや、NHKホールの近くの地酒イベントを散策。

ドーナツ屋さんで寒さをしのぎ



いざ!!!!!



A96番という奇跡的な整理番号だったので、最前列へ行けるか!?という期待を抱きながら開場を待つ。



頑張った結果、見事に最前列を勝ち取ったりーーー!!!!!!!!!!



それから開演まで約1時間もかかりましたが、機材をガン見したりして時間はすらすらと過ぎまして。





緊張しながら今か今かとメンバーを待つ。

暗転した瞬間、どわっと後ろから横から押され、苦しくなる。

うわうわ、LIVEが始まる!



すぐ目の前にうぶさんがいる。

オニィがよく見える。

ひなっちがあめを食べてる。

村松さんがあおってる。



とにかくよく見えました。

うぶさんとは目が何度も合い、恥ずかしかったので1回そらしました(笑)

すんごく良い人だという、人柄が笑顔に現れてたなぁ〜

お客さん一人ひとり、確かめ合うように笑いかけてくれるんです。

目が合ったら、うなずきながら笑い返してくれるんです。

優しいなぁ、うぶさん。


ギタープレイはうぶペジオ炸裂で、とにかくテクニシャンですごかった!!

ほっとんどコード弾きなんてしないんだよね、リードばっかりで。

それもほとんどアルペジオ。鬼です。


ひなっちはぶりぶりごりごりのベースで、飛び道具のよう。

メンバーと目線を合わせながら、笑い合いながら弾いていました。

ほんとにお菓子食べてるんだなぁ〜(笑)


オニィはしゃべってー!と言われ照れ笑い。
マイクを握り、立ち上がり…

『ありがとうしか言えないんだよぉぉ!!』

と絶叫(笑)

このお方もとにかくテクニシャンで、手数が多いのだ。

フィルインなんかもいちいち細かくて、シンバルもいろんな角度にたくさんついてる。

大喜多崇規さん(本名)、すごいです。



村松さんはご存知、千葉バンドのお方。

いまだに不思議な感じもしますが、
一番最年少なのに、あれだけのテクニックがある、バリバリの現役プロ3人に囲まれて、あれだけ堂々と歌える。

とにかくすごい。

いつのまにかワッショーイ!が定番になっていたらしく、お客さんにワッショイワッショイ!と声をかけられていてウケました(笑)



村松さんが悪乗りするとうぶさんが『もういいよ!じゃないと止まらないの(笑)』と言って止めたり、

ひなっちはそれを兄のようなまなざしで見ながらほほえんでいたり。


仲良きことはすばらしきかな。



セットリストは

アルバム全曲
シングル全曲
新曲2曲
(セッション、Sunday Morningなんちゃら)

Around The Clockのみ×2


でした。



とにかく、こんなに近くで見れることはこの先そうそうあることではないので、貴重な体験ができました。

うぶさんがソロになるとステージ前方へあおりに来て、その度によーく見えた!

オイ!オイ!と掛け声をしているのがわかりました。



ナッシングスはとにかく!みんなテクニシャンで演奏がとにかく!いちいちすごかったです。

1時間半の短めなLIVEでしたが、とても素敵で楽しくて音圧のものすごい!(笑)LIVEでした!






帰ってきてDVDやっと見れたし、

明日は朝からバイトなので寝まする〜
スポンサーサイト
COMMENT