駄目OLの日常徒然。あいらぶ音楽とだけ言い張る。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

(WHAT IS THE)LOVE&POP?
 久しぶりにレビューでも書いてみようかな。

ツタヤは付くポイントがものすごーーーーーく低いので、私はいつもタワレコまでわざわざ遠出してCDやDVDを買います。
節約のためレンタルが主だし(もっと言えばレンタルは半額デーにしかしないし)、買うこと自体元々少ないので、だったらポイントがたくさん付くタワレコの方がいいのです。

がっ。

どーーーーとても我慢できずに、そして年甲斐もなく、特典のポスターがどんなものか気になり、先週近所のツタヤで買ってしまった。

Base Ball Bearの新しいアルバム。



去年の暮れ、こいちゃん(Vo&Gt)が口癖のように言っていた『来年は飛ばしていきます』という言葉が如実に現れていた最近。

立て続けにシングルリリース、ツアー、日比谷野音、そして初めての武道館公演の決定。

そして、あっという間に出てしまったアルバム。


前作の十七歳は、なんだか『アルバム!』という雰囲気の曲が多かったように感じたので、そこまで耳にすっと入ってこなかった…ような気がした。
1stアルバム『C』があまりにも独創的だったので、続く前作は、『あ、なんだか素直になったな、ひねくれ感がないや』という感想だった。
一番好きな曲はヘヴンズドアガールズかな〜


今作は12曲中、なんと5曲がシングル曲。
全て1年足らずで出してしまったのだから驚きである。

…って書き方固いな〜(笑)

まず思い入れが強いのがchanges。
アニメ主題歌にもなった曲。
確かツアー最終日、Zeep Tokyoで初めて聞いたような気がする。
♪チェチェチェchangesさぁ変わってく
っていう、サビの入り方が実にこいちゃんらしいなぁと。

そして去年のCOUNTDOWN JAPAN08/09で、彼等は初めてEARTH STAGEに立った。
ロッキンでLAKE STAGEに出たことでさえ驚きだったのに、まさか一番大きいステージに自分と同世代のバンドが立つなんて思わなかった。

将平(Gt)が弾くchangesのイントロが鳴り響いた瞬間、ものすごく感動したのを覚えてる。
イントロで全てを持っていかれるような曲。

私のギター好きな男友達なんかは『ピロピロしすぎて嫌だ』とかとかあーだこーだ言って、聞かず嫌いな人もいるけど、今回のアルバムでは彼のリフが結構目立っています。

続く神々LOOKS YOUのリフもそう。

この曲は『We neens 様々』ってところがこいちゃんらしいな、と。思いました。
映画の主題歌にもなった曲。

LOVE MATHEMATICSは、関根ちゃん(Ba)のベースがごりごりしててかっこいい。
彼女は8ビートを刻むのが上手いというか、シンプルそうに見えて結構動いたりするベースラインを弾くので、好きです。
単調に聞こえるけど単調には弾いてないのね。

あれ、ホリくん(Dr)のこと書いてないやヾ(´ー`)ノ
ホリくん、最近やせたね!(笑)
たまには4つ打ち以外も聞きたいぞっ。


LOVE LETTER FROM HEART BEATも良い曲だな〜

あーーーもーーー全部良い!!!!です。


合わせてJAPANのこいちゃん2万字インタビューも読みたいところですが、金欠なのでしばし我慢凹

前作でとっても素直になったこいちゃんの世界観が、今作では『お、素直になったじゃん!あ、でもそうでもないな…ひねくれてるな…』みたいな、結構混沌とした世界観だなぁと思いました。
2万字インタビューにはダークなことも書いてある様子だけど、彼は人と繋がろうという意識が強いのだろうなぁ。

mixiのコミュを見たら不思議と『思わず泣きました』なんて人が多くて、『そんなバカなー!』と思いながら聞いてたけど…

changesのイントロにやられてしまいました。

それだけみんなが感動したアルバム。です!

関根ちゃんとは同い年だし、チャットモンチーといい9mmといい、やっぱりこうやって同世代バンドが活躍してるのは嬉しいです。